ケモノの物書き堂

猫メ けものの一次創作ブログ

♯エア文学フリマ前橋やります。&エア文学フリマ前橋のお誘い。

 こんばんは、猫目青です。新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、ついに文学フリマ前橋が中止となってしまいました。私といたしましてはコロナウイルスの感染者が群馬県でも出たことをきっかけに、出店を控えるとTwitterで発表した矢先のできごとでした。

 何というか残念でなりません。で、思いついたことがあります。去年、台風19号でテレキボが中止となったさい、フォロアーさんがエアテレキボなるものをやっていたのです。Twitter上で繋がっているテレキボ参加者さんたちが、お家で架空のブースを作り、通販で当日配布するはずだった同人誌などを売っていました。

 で、思った次第です。これ、中止になった文学フリマ前橋でもやったらいいんじゃないかなと。コロナウイルスの自粛要請のせいで色んなイベントが中止になっています。それに伴って書籍の売り上げがあがっているようですが、イベント用に刷られた一時創作や二次の同人誌は、売り場所がなくなって売れていないのではないでしょうか。

 そんなときに、少しでも自作の同人誌と中止になったイベントがPRできればいいなと思いまして、私は3月22日の11時にTwitterにてエア文フリ前橋を一人で開催することにいたしました。(一人だと意味ないかな?)

 場所は、Twitter@guutori 

 #エア文フリ前橋で検索していただくと自宅ブースを映した呟きが出てくると思います。一人では寂しいので、文学フリマ前橋に出店予定だった方は一緒にエア文フリ前橋やりませんか?

 

 #エア文フリ前橋

 

おっぱいアンソロジー企画発動させます。

 世のおっぱい大好きな皆様。今宵は如何お過ごしでしょうか。近頃、宇崎ちゃんは遊びたいを巡る一連の騒動でtwitterが何かと騒がしくなっていることはご存知だと思います。
 献血キャンペーンに起用された宇崎ちゃんのイラストが環境型セクハラであると某弁護士に避難された去年。今年はそのキャンペーンの第二弾が執り行われ、作者の丈先生がコラボキャンペーンに参加した理由を、『阪神淡路大震災で助けられたため』と胸の内を語られました。それに対する一部の方の反応により、また騒動が大きくなっております。
 曰く『やっと、女性にも配慮したキャンペーンらしいものになった』との発言を、複数のフェミニストの方々がしており、その意見に対する反発が各方面で上がっております。
 まさしく、殴り合いによる泥沼状態……。それでも宇崎ちゃんの胸は大きいままだという現実……。コラボキャンペーンの第一弾と第二弾で具体的に何が違うのか指摘されても、口を閉ざす方々の存在。そしてさらに加速する意見交換という名の罵り合い……。
 醜い……。なんと醜いのでしょうか……。
 新型コロナウイルスも流行っている時期に、こんなことを我々はやっていていいのだろうかと疑問に思ってしまいます。
 人には言葉の壁がある。それと同じように思考の壁もあります。養老孟子バカの壁と名づけたその壁に隔てられた者同士が、正論を戦い合わせても意見は平行線のままです。
 そう、それはイスラム教徒とキリスト教徒の争いのごとく。野党と与党の争いのごとく。または、共産国家と民主国家のそれとも似ておりましょう。
 正論と正論を戦わせても醜い争いは加速し、フェミニストの方々はさらにアニメやゲームや巨乳といったオタク文化に偏見を持ち続けます。そして、私たちオタクと呼ばれるクリエイターたちも、フェミニストへの偏見を深めていくばかりでしょう。
 果たして、それでいいのだろうか?
 けものは思うのです。今こそ、我らは立ちあがるときだと。争いではなく、各々が持つ創作という名の力を武器にして、フェミニストたちへの偏見に立ち向かうべきだと。
 
 今こそ、おっぱいを讃えましょう!! 私たちの創作の力を持って、おっぱいの偉大さを偏見を持つ方々に訴えるのです!!

 そして、おっぱいのために動きましょう。私たちの創作で得た利益で、おっぱいに深い悩みを抱えている女性たちを救おうではありませんか!!


 私、猫目 青は、ここに『おっぱいアンソロジー』企画を発動させたいと思います。売上金はすべて、乳がん征圧のために活動を続けている『ほほえみ基金』に寄付させて頂きたいと思います。
 4月1日までを期限にアンソロジー集に収録する作品を募集いたします。アンソロジー集は5月の中旬に発行予定です。BOOTHにて通販予定です。(間に合えば、文学フリマ東京にて配布も実施いたします)印刷はBCCKSさまにておこないます。今のところ、冊子の大きさは10inch(約148×192㎜)サイズを想定しております。

アンソロジーの売り上げはお名前を伏せた上で慈善団体に寄付したいと思います。(団体さまに確認したところ、公共風俗に抵触するものはご遠慮頂きたいとのことでした)


BCCKS

https://bccks.jp/


 企画内容

作家さん募集

小説
 『おっぱい』をテーマにした3000文字から10000文字程度の小説を募集いたします。提出期限は4月1日まで。企画に参加される作家さんは、twitterでご連絡の取れる方のみとさせていただきます。また、作品を寄稿して頂いた方には、出来上がったアンソロジー集を送らせて頂きますので、現住所と宛名をDMにてお知らせできる方のみご参加ください。
 提出のファイル形式はWordもしくはテキスト形式でお願いたします。フォント形式や文字の大きさなどの指定は特にございません。書きやすい原稿形式での提出で大丈夫です。
ご参加したい方はアカウント『@guutori』にDMをお寄せください。

イラスト
『おっぱい』をテーマにしたイラストを絵師様から募集いたします。提出期限は4月1日まで。基本モノクロ絵。原稿ファイルのサイズを1ページにつき5MB以下、ファイル形式をPNGかJPGでご提出お願いいたします。カラーイラストをご希望の場合は、ポストカードの作成などで対応させて頂きます。
 また、有償にて『おっぱいアンソロジー』の表紙イラストを描いて下さる絵師様を募集いたします。
企画に参加される作家さんは、twitterでご連絡の取れる方のみとさせていただきます。また、作品を寄稿して頂いた方には、出来上がったアンソロジー集を送らせて頂きますので、現住所と宛名をDMにてお知らせできる方のみご参加ください。
作品のご提出は、DMにてお知らせするメールアドレスか、データー便などをご利用いただけると幸いです。ご参加したい方はアカウント『@guutori』にDMをお寄せください。
 作家さんの小説にイラストの寄稿などをご希望の場合は、その旨をDMにてお伝えいただけると幸いです。ご相談の上、直接作家さんとイラストの構図などについてお話合いできるようにしたいと思います。

データ便

データ便 |無料無制限の大容量ファイル送信サービス - トップページ

 

以下の企画のご質問につきましては、こちらのtwitterアカウントまでご連絡ください。

twitter.com

 

猫たちのエトセトラ 委託販売も完売いたしました。

 去年から通販を中心に配布していた猫たちのエトセトラですが、委託販売を引き受けて下さった深海さまから、この度預かっていただいた5冊すべてが完売したことを教えていただきました。委託販売で得た売上金4600円は、NPO法人 猫たちを守る十勝Wishの会さまに寄付させて頂きました。

 猫たちのエトセトラは3月に群馬で行われる、文学フリマ前橋にて再配布予定です。売上金はすべて、猫たちを保護している動物愛護団体に寄付させていただきます。

 

また、猫たちのエトセトラにて小説と素敵なイラストを寄稿して頂いた美海さまは、文学フリマや投稿サイトなど多方面で活躍しております。素敵な作品をたくさん手掛けている方ですので、是非ともその作品に触れてみてください。

twitter.com

 

catcafe-wish.jimdofree.com

guutori.booth.pm

猫たちのエトセトラ完売しました

guutori.booth.pm


 11月の中頃から販売を開始していたチャリテイーアンソロジー猫たちのエトセトラが完売いたしました。これも作品を寄稿して頂いた皆様と、応援して下さった皆様のお陰です。ありがとうございます。
合計売上金10620円のうち10600円を、下記の動物愛護団体に寄付させていただきました。アンソロジーの再配布は来年の文学フリマ前橋を予定しております。

 

アニマルレフュージ関西さま 寄付金1800円

www.arkbark.net

公団日本動物愛護協会さま 寄付金3000円

jspca.or.jp

NPO法人ねこ家さま 寄付金2500円

npo-nekoya.com

日本物愛護福祉協会高崎アニマルランドさま 寄付金2300円

animalland-gunma.com

NPO法人猫たちを守る十勝Wishの会さま 寄付金1000円 

catcafe-wish.jimdo.com


 

猫たちのエトセトラ 寄付金について

 

 総勢九名の猫好きによる猫たちのアンソロジー集、猫たちのエトセトラを刊行してから十日余りが経とうとしています。通販のみでの取り扱いにも関わらず、お陰様で残りの在庫も一冊となりました。
 とくにアンソロジーに作品を寄稿して頂いた豊増 美晴さまや、楠 深海さまには、委託販売などを申し出て頂けるなど思いもかけないお気遣いをしていただき、心の底から感謝しています。ありがとうございました。
 今までの売上金は、動物愛護団体への寄付金に充てさせていただきました。お買い上げ、ありがとうございます。

 

寄付金お支払い一覧

 

アニマルレフュージ関西さま

www.arkbark.net
寄付金1800円

 

公団日本動物愛護協会さま

jspca.or.jp

寄付金3000円

 

NPO法人ねこ家さま


npo-nekoya.com

寄付金2500円

 

日本物愛護福祉協会高崎アニマルランドさま


animalland-gunma.com


寄付金2300円

 

合計9600円を寄付させて頂いました。

 

今後とも猫たちのエトセトラをよろしくお願いいたします。M(__)m

 

猫たちのエトセトラ

guutori.booth.pm

猫たちのエトセトラ、販売始めました。

 ついに猫アンソロジー集、もといい猫たちのエトセトラが刷り上がりました。企画をたちあげて早数カ月、ようやく多くの方の協力を得て本を出版することが出来ます。本の売上金は、動物愛護センターや、猫の保護をおこなっているNPO法人などに寄付させていただきます。
 企画に携わっていただいた多くの方に感謝を申し上げます。本当に、ありがとうございました。


 猫たちのエトセトラは、こちらで通販中です。

guutori.booth.pm


また、こちらで試し読みもできます。

bccks.jp

蛍 Amazon kindle より配信開始

  星の砂文庫から配信されていた自作の『蛍』がkindleより配信開始となりました。若い頃からのころからずっと書き直し続けていた思い入れの深い作品です。夏の日の不思議なひとときをお楽しみください。

 

https://www.amazon.co.jp/蛍-ネット文庫星の砂-猫ケモノ-ebook/dp/B07ZNV1RWP/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E8%9B%8D+%E7%8C%AB%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%8E&qid=1572601547&sr=8-1